【治療技術と会話】  指圧・鍼灸師の日常


by ahaki89
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ノロが変異

医療ニュース
m3.comより

厚生労働省研究班によると、今年1月以降、全国の患者から、従来とわずかに異なる遺伝子を持つ新型のノロウイルスが検出されている。感染研の片山和彦室長によると、ノロウイルスは設計図にあたる遺伝子の違いによって40種類以上に分類されており、今回見つかったのは06年に大流行した「G24」と呼ばれるタイプの遺伝子が変異したものだ。ウイルス粒子表面の形が変わることで、過去に感染したウイルスを攻撃するヒトの免疫システムから逃れるとともに、増殖する場所の消化管に結合しやすくなるとみられる。片山さんは「わずかな変異だが、多くの人にとっては未知のタイプで、急激に流行する可能性がある」と警鐘を鳴らす。


ノロウイルスは感染力が非常に強いため、
患者の便や嘔吐物を適切に処理しないと
2次感染が拡大する恐れがあります


注意

・嘔吐物や便を処理したタオルは処分する(選択してもウイルスは残る)
・シャワーで洗い流すとウイルスが舞い上がるので要注意
・トイレで処理する場合も蓋を閉めて流さないと舞い上がるので注意
・塩素系漂白剤や殺菌剤で消毒する(アルコール消毒は無効)
・手洗いと言うより「指先洗い」の意識で洗い流す
・下痢や嘔吐を止めるような処置は避ける(体内からウイルスを早く体外に出す)
・水分摂取は一口ずつこまめに分けて摂取(一度に摂取してしまうと嘔吐してしまう)

ご存知かと思いますが
適切な対応がリスクを最小限にします

今週すでに2名の患者さんが
ノロ感染でキャンセル
電話にてMさんいわく「吐き気で死ぬかと思った」と・・・
かなり苦しいようですのでご注意を!




 HPはコチラから
a0155844_9424011.jpg
[PR]
by ahaki89 | 2012-12-12 09:49 | みやび